名古屋にいた時円形脱毛症を治療した

クリニックに行き塗り薬と冷却治療を開始

当時私は名古屋市に住んでいたので、円形脱毛症の治療は名古屋で受けることになりました。
ほどほどに大きい街ですからクリニックの数も多く、色んな医者に相談にいって、結局お世話になることに決めたのは先生の雰囲気が非常に自分に合っていると思ったからです。
色んな先生と話しましたが、こっちの話を全く聞いてくれない人や、高額な治療法ばかりすすめてくる人もいました。
相手が信用できなければ、治療そのものもストレスになると思います。
私が選んだ治療法は塗り薬と冷却治療というものです。
これは雪上炭酸圧低治療と呼ばれるものですが、雪みたいなふわふわした液体窒素を頭にぬり、狂ってしまった免疫の働きを抑えて毛をはやすっていう治療です。

水虫とかイボの治療みたいだな、と思いましたが、足に液体窒素で治療した経験があったのでこれにしました。
頭に注射する方法は聞くだけで本当に痛そうでしたし、いくつも禿が出来てしまっていた私の頭を注射で治そうと思ったら、かなり広範囲刺されるみたいで勇気もなかったです。
実際注射をされた、という方と話したことがありますが、しばらく注射の箇所はぼこぼこするし、あまりの痛みに毎回泣いていたと言われていたので、それにしなくてよかったです。
有効なのは局所免疫療法という、わざと幹部をかぶれさせて毛をはやす方法だそうですが、これのデメリットがかゆいこと。

育児ストレスで円形脱毛症にクリニックに行き塗り薬と冷却治療を開始治療を続け3カ月ほどで完治